ラルゴ 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

ラルゴ 買取 相場

ラルゴの買取価格をラルゴの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【ラルゴの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

ラルゴ(LARGO)は愛知機械工業が設計・生産、日産自動車が販売していたワンボックスカーとミニバンである。車名「ラルゴ」は、イタリア語で「幅広くゆるやかに」の意味から来ている。1982年9月初代「ラルゴ(GC120型)」は、「バネット(C120型)」派生の上級車種として、「バネット」の名を冠した「バネットラルゴ」として誕生し、販売チャンネルごとに「ダットサンバネットラルゴ」、「サニーバネットラルゴ」、「チェリーバネットラルゴ」がそれぞれ設定された。1986年5月2代目(GC22型)が登場した。1993年5月3代目(W30型)が登場した。このモデルチェンジに際し、車名から「バネット」が外れ、「ラルゴ」となった。エアロパーツ装着の「ハイウェイスター」で人気を博した車種である。「ラルゴ」は、初代セレナをベースにボディサイズを大きくした、セミキャブオーバースタイルのミニバンである。3ナンバー専用のラルゴのボディは、セレナよりも各シートの座面が45mm大きくなっており、座席アレンジにより、7人乗車できるようになっている。シートは、7名定員が標準で、2列目と3列目シートが回転対座で、フルフラットが可能となっており、多彩なシートアレンジが楽しめます。内装は、オレンジメーターを採用し、専用クロスシートには、抗菌、防臭加工が施されている。搭載エンジンは、2.4Lの直4ガソリンと、2Lのインタークーラー付きディーゼルターボの2種類が用意された。ミッションは電子制御4ATで、FRとフルタイム4WDが選択可能となっている。1996年6月C24型セレナの発売に伴い、セレナ、エルグランドに統合される形で生産を終了した。

【運営者情報】自動車評価学会 ラルゴ買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ